-
値上げ値下げ

JR山手線値上げはいつから?定期券の値上がりは2022-2023で280円の上昇か!

2022年は様々な商品の値上げが発表されています。

1つの商品ならどうにか我慢できますが、複数商品や電気、ガスなどの料金が値上げとなるとかなり家計にダメージです。

首都圏で有名な路線と言えば、山手線ですよね。利用されている方も多いでしょう。

結論からいいますと、山手線の値上げは2023年3月の予定となっています。

ここでは、下記の4つをお伝えします。

  • 山手線の値上げはいつから?
  • 山手線値上げ後の料金はいくらになる?
  • 新幹線も値上げするのか?
  • 他の鉄道会社の値上げは?

では、見ていきましょう。

山手線の値上げはいつから?

山手線の値上げは2023年3月です。

山手線のほか中央線など、首都圏の在来線で10円値上げすると、JR東日本は発表しました。

値上げの理由は、首都圏の駅でバリアフリー化の整備を進めるためです。

値上げした分の収益は、下記の整備に使われる予定です。

  • 転落防止のホームドアやエレベーターの設置
  • 段差の解消
  • 車両の車椅子スペースなどの整備 など

最近は、ホームドアを見かける機会も増えてきました。

安全で、誰でも使いやすい駅になるなら、値上げも納得かと思います。

山手線値上げ後の料金はいくらになる?

山手線など、首都圏在来線の運賃は10円値上げとなります。

初乗り運賃も以下のように10円値上げです。

  • 切符は140円→150円
  • SuicaなどICカードは136円→146円

通勤定期も1カ月は280円、3カ月は790円、6カ月は1,420円、それぞれ一律に値上げします。

ちなみに子ども料金は、大人料金の値上げ後の半額です。

通学定期は料金据え置きなので、学生のお子さんがいる方は一安心ですね。

新幹線も値上げするのか?

新幹線や特急は、値上げはありません。

しかし、2022年4月1日から新たに「最繁忙期」の料金を加えました。

「最繁忙期」は、年末年始やゴールデンウイーク、お盆期間が対象です。

新幹線や特急はこれまで、「通常期、繁忙期、閑散期」の3段階で料金設定していました。

通常期と比べ、

  • 繁忙期は200円のアップ
  • 閑散期は200円のダウンで料金差は最大400円でした。

「最繁忙期」では400円のアップとなり、最も安い閑散期との差額は600円に広がります。

この料金追加は、混雑を分散させるためです。

最繁忙期を設けて、年末年始や大型連休の利用をセーブさせ、代わりに他の安い期間に利用してもらうことで、特急料金の売り上げを増やしたい狙いがあります。

事実上600円も値上げとなると家計に響きます。

おでかけは、年末年始など大型連休は、避けたほうがいいかもしれないですね。

他の鉄道会社の値上げは?

では他の鉄道会社は値上げするのでしょうか?

2023年3月から、東急電鉄も値上げします。

東急電鉄が運行する東横線や田園都市線など、8つの路線のうち「こどもの国線」を除いた7つの路線です。

新型コロナウイルスの影響で鉄道利用者が大幅に減少したうえ、テレワークの普及で今後も需要の回復が見通せないためです。

初乗り運賃は、世田谷線を除く6路線:140円(約10円値上げ)になります。

世田谷線は全区間の運賃:160円(約10円値上げ)です。

東横線:渋谷〜横浜間は下記の通りになります。

  • ICカード利用で309円(37円値上げ)
  • 切符:310円(30円値上げ)

通勤定期は値上がりしますが、通学定期は据え置きです。

値上げ値下げ情報にのりおくれていませんか?

  • 値下げ値上げなど世間のトレンドニュース
  • 好きなアーティスト・芸能人の最新情報に気づくのが出遅れた
  • 最新ニュースについていけない
  • あれこれ情報をとるのが大変で一つのアプリで済ませたい
  • お得情報もしりたい

などなど、私も結構そんなことありました。

なので今は「スマートニュース」というアプリを使っています。

エンタメ、最新ニュース、スポーツ、クーポン、政治などなど30以上のジャンルを自分好みに組み合わせ可能!!

もちろんアプリダウンロード無料です!!

↓↓

スマートニュース公式

2022年の値上げ予定商品一覧

2月の値上げ予定

2月1日~

「パスタ・パスタソース」

2月1日からニップン、日清フーズが約2~9.5%値上げ。

「冷凍食品」

2月1日から味の素冷凍食品、ニッスイ、日清フーズ、マルハニチロ、日本ハムが約2~23%値上げ。

2/16~

3月の値上げ予定

3/1~

【冷凍食品】

3月1日から日清食品冷凍が冷凍麺製品を6~13%値上げ。 3月1日からニチレイフーズが約8~15%値上げ。

【ハム・ソーセージ】

3月1日から伊藤ハム、丸大食品が4~15%値上げ。

【醤油・豆乳】

3月1日からヤマサ醤油が醤油を約4~10%値上げ。

【マヨネーズ】

3月1日から味の素、キユーピーが約2~10%値上げ。

【チルド麺】

3月1日から日清食品チルドが6~12%値上げ。

【ドーナツ】

3月1日からミスタードーナツが税別価格を10~50円値上げ。

【タイヤ】

3月1日から住友ゴム工業(ダンロップ)が約10%値上げ。

3/2~

3/22~

【ティッシュペーパー・トイレットペーパー】

大王製紙が15%以上値上げ。

3月中

【羽田・大阪・那覇空港の旅客施設利用料】

国内線で大人(12歳以上)1人あたり80~120円値上げ。

4月の値上げ予定

4/1~

乳製品

雪印メグミルク、チーズ・ラードなど(3.4~20%値上げ)

【お菓子】

うまい棒が10円から12円に値上げ

【首都高速道路】

渋滞緩和のため首都高の上限料金引き上げ

5月の値上げ予定

5/1~

コカ・コーラボトラーズジャパンは一部を除く大型PETボトル製品(1.5L、2L)、出荷価格改定率約+5~8%値上げ予定

6月の値上げ予定

6/1~

日清食品のカップ麺、カップライスなどメーカー希望小売価格を5~12%引き上げ

7月の値上げ予定

 

8月の値上げ予定

 

9月の値上げ予定

 

10月の値上げ予定

【火災保険】

(多くの地域で値上げ)および契約期間が最長10年から5年へ短縮

【医療費】

75歳以上の高齢者医療費の自己負担割合が一定所得を超えると2割へ

11月の値上げ予定

 

12月の値上げ予定

 

最後に

さまざまな商品の値上げが今後も予想されます。情報は可能な限り更新していくので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。