-
未分類

【箱根駅伝2020】青山学院大学区間エントリー選手一覧と記録順位

いよいよ令和初の箱根駅伝が近づいてきました。毎年本当に楽しみにしてるんです。

中でも注目なのはやはり青山学院大学です。2019年の箱根駅伝では、往路6位、復路優勝、総合2位となった青学。今年はリベンジを果たすべくやってくるはず・・・。

2019年12月29日に各大学の区間エントリー選手一覧が発表になりましたので、選手情報と共に記載して行きますね。区間エントリーは当日変更もありえます、なんせ原監督ですから・・・。

電子書籍

【箱根駅伝2020】青山学院大学区間エントリー選手

区間 名前 学年 タイム 区間順位
1 宮坂 大器 1
2 岸本 大紀 1
3 鈴木 塁人 4
4 市川 唯人 3
5 飯田 貴之 2
6 谷野 航平 4
7 中村 友哉 4
8 岩見 秀哉 3
9 神林 勇太 3
10 新号 健志 3
補欠 吉田 祐也 4
補欠 田 圭太 3

注目は1区.2区に1年生が起用されている点と、エース吉田圭太が補欠登録されていることです。

補欠の理由はわかりませんが、当日エントリーは上記の表とは変わる可能性大です。

なんたって策士「原監督」ですから。

青学注目選手

岸本 大紀

三条高校出身

10000メートル(28:32:33)

ハーフ(1:11:11)

なんといっても今回のエントリー発表の注目は岸本大紀選手ではないでしょうか。

1区を走るのも1年生ですが、2区はエース区間と言われており、他大学の有力選手では東洋大学の相澤選手がいます。

ここに1年生をエントリーするということは、当日エントリー変更または本気で凄い選手というわけです。

原監督はインタビューで「ロス五輪を目指せる逸材」と言っていたことからも、期待度は本気だと信じたいですね。

 吉田圭太選手

世羅高校出身

10000メートル(28.27.40)

ハーフ(1.01.46)

怪我でないかぎりは、当日エントリーもありえる吉田圭太選手、10000メートル、ハーフマラソンの記録をみても、青山学院大学のエースです。

当日2区もありえると考えています。

まとめ

【箱根駅伝2020】青山学院大学区間エントリー選手一覧と記録順位でした。

当日変更の可能性大ですが、みなさんそれも含め楽しみましょう!!