-
未分類

【夏至の部分日食】6/21の次の日食はいつどこで?日本で見ることができるのか調査!!

2020年6月21日(日)、夏至の日の夕方16時ごろから18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。

なんと夏至に日食が起きるのは372年ぶりということです!!

そして夏至の日食が次の起きるのは782年後の2802年!もし子孫が残っていたり、生まれ変わっていれば見れるかもしれませんね・・・

782年後は無理としても、6/21の次の日食はいつなのか?日本で見ることができるのか気になったので調べてみました。

【夏至の部分日食】6/21の次の日食はいつどこで?

6/21の夏至の部分日食の次の日食は

2020年12月15日「皆既日食」で見られる地域は南太平洋、南アメリカ、南大西洋

となり、日本では見ることができません。

次に日本で見られる日食は?

次に日本で見られる日食は、

2023年4月20日「金環日食」で九州南部、紀伊半島などで部分日食が起きる予定です。

結構遠くて忘れてしまいそうですね。

そして、その次に日本で見ることができるのは

  • 2030年6月1日 北海道で「金環日食」
  • 2032年11月3日 北海道
  • 2035年9月2日の「皆既日食」
  • 2041年10月25日 「金環日食」

かなり感覚が空いてしまうので、是非とも2020年6月21日の日食は見ておきたいところですね。

日食観察の注意点

日食の観察方法を間違えると、失明や視力低下の危険があるので、十分に注意してください。

そして、部分日食は肉眼では見えません!!月で多少隠れようと、太陽光は偉大です、欠けている様子はわかりません!!

日食メガネがある方は、正しい使用方法を。

日食メガネを持っていない方は、今回は無理をしないでくださいね。

日食を見るよりも、視力の方が大切です。

日食の映像や画像

日食は天体ショーのなかでもかなり神秘的ですよね。

しっかりと月が太陽の前にくることで、皆既日食となれば確かに昔の人は、恐怖すら感じたかもしれませんね。

 

 

まとめ

6/21【夏至の日食】東京の開始からピーク時間はいつ何時から?画像や映像も見たい!でした。

当日はさらに記事更新をしていきますね。