-
未分類

テセウスの船(ドラマ)のあらすじ・ネタバレ!真犯人役は誰?

2020年1月からTBS系列で放送される「テセウスの船」が話題となっています。

竹内涼真さんが主役を務め、鈴木亮平さん、上野樹里さん、榮倉奈々さんが脇を固めます。

「失われた家族の笑顔のため、過去を変える」という泣けるミステリー

漫画原作のドラマですが漫画とは内容が変わることも考えられますね!

この記事ではドラマ「テセウスの船」のあらすじやネタバレを調査していきます。

テセウスの船とは?

「テセウスの船」とは

ギリシャ神話に登場するパラドックス(逆説)のことです。「英雄テセウスの船を後世に残すため、朽ちた部分を新品に交換していった結果、それははたして、もとの船と同じものであるといえるのか」という問題です。

本作で主人公・心は「過去を変えても、未来の家族は同じといえるのか」という難題に悩みながら、父の事件を食い止めるために奔走することになります。

確かに形は同じだけど、素材が違うものを「=(イコール)」としていいものか、、、

テセウスの船のあらすじ・ネタバレ

生まれる前に父・佐野文吾(さの・ぶんご)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心は、母・佐野和子(さの・かずこ)と姉兄と共に加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(たむら・ゆき)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。

鈴木が演じる心の父・佐野文吾は、村の駐在警察官で、底抜けに明るく豪快な二児の良き父親。家族からも村人からも愛される男だ。心はタイムスリップした過去で文吾の人柄に初めて触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生える。

家族の運命を変えた警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年。心と母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。ある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう!

平成元年に起こった連続毒殺事件
犯人として逮捕された父と、その家族として辛い人生を送った母。
しかし、
事件直前にタイムスリップした主人公が出会ったのは、
笑顔と愛にあふれた明るい両親の姿…

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

『泣ける本格ミステリー』として原作も話題となっていました。実写化で主人公をつとめるのは竹内涼真さんです。

1話ネタバレ予想

心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村だった。その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる! 心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。

毒殺事件の真犯人は??

真犯人の配役も気になりますね。公表発表後記載していきますが・・・

漫画原作の本ドラマです。真犯人についてこの記事にかいてしまい、視聴者の皆さんが楽しめるのか・・・。

記載することで逆に犯人の通常の様子などからその猟奇性を感じることができるかもしれない。とも言えますし。

ちょっと考えてから記載しますね。

みんなの声

まとめ

テセウスの船【ドラマ】あらすじ・ネタバレ!真犯人は誰?でした。

漫画とドラマで今後ストーリーの違いが出てくるかもしれません。そういった違いを見つけるのも楽しいですね。

ドラマの見逃し放送についてはコチラの記事↓↓

https://seikatuhack.com/teseusu-minogasi/