-
トレンド

【NHK】前田晃伸(てるのぶ)会長の学歴・経歴(プロフィール)・出身大学や年収を調査!!

博多久松のおせち

2020年1月24日に任期を終えるNHK上田良一会長の後任に、元みずほフィナンシャルグループ会長の前田晃伸(まえだてるのぶ)さんに決まったことがわかりました。

この記事では前田晃伸さんの経歴などについて記載していきますね。

NHK前田晃伸会長(候補)の経歴

生年月日 1945年(昭和20年)1月2日
出身地 熊本県
血液型 B型
身長/体重 166cm/61kg
趣味 ハーモニカ、サボテン栽培
最終学歴 東京大学法学部

5人兄弟の長男。
出生自体は熊本県であるが、1歳のときに両親の故郷である大分県中津市へ移り住んだ。
父・慶一、母・シモ

高校まで中津で過ごし、1浪の末、東大法学部に合格し上京。大学3年生の夏休みには、祖母の家から運送用のバイクを借りて大分から東京までバイクで走破してしまった逸話をもつ。

学歴

  • 1945年(昭和20年)1月2日 生まれ
  • 1957年 – 中津市立南部小学校卒業
  • 1960年 – 中津市立城南中学校卒業
  • 1963年 – 大分県立中津南高等学校卒業
  • 1968年 – 東京大学法学部卒業

職歴

  • 1968年-富士銀行入行
  • 1992年:資本市場部長
  • 1995年:取締役となり融資企画部長に
  • 1999年 – 同常務取締役年年
  • 2000年9月29日 – みずほホールディングス設立
  • 2001年6月 – 富士銀行副頭取
  • 2002年4月1日 – みずほホールディングス代表取締役社長
  • 2003年1月 – みずほフィナンシャルグループ設立。社長
  • 2005年4月 – 全国銀行協会会長
  • 2009年4月 – みずほフィナンシャルグループ取締役会長
  • 2010年4月 – 同特別顧問
  • 2011年2月22日 – 国家公安委員会委員に就任
  • 2011年6月 – 特別顧問を退任
  • 2012年6月 – 肥後銀行監査役
  • 2016年2月 – 国家公安委員を退任
  • 2020年2月-NHK会長に就任

入行当初から朝1番に出勤し、社長になっても変わらなかったと言われている。

給料・収入は?

みずほフィナンシャルグループ会長時代には、1億1100万円の役員報酬を受けていることが公表されている。

NHK会長の給料は?

NHK役員の報酬はNHK公表のものによると(単位:万)

月報酬 期末報酬 年間報酬
会長 211 280 3092
副会長 183 247 2690
専務理事 160 220 2360
理事 149 309 2206

と言われているので。

月収211万円、期末手当とあわせて3092万円を得ることなります。

ちなみにNHK職員の平均年収は2018年で1124万8281円と言われています。
その他テレビ局の平均年収

  • 日テレ:1469万
  • フジテレビ:1447万
  • テレ朝:1433万
  • TBS:1509万
  • 朝日放送:1518万

となっているので、テレビ局としては少ないほうなんですね。

世間の声

まとめ

NHK前田晃伸会長(候補)の経歴・出身大学や年収は?でした。

元銀行の会長がなぜNHK会長になるのか?選考基準や理由は不明ですが、ネームバリューはかなり多いのでしょうか??

外部からいきなりtopになることがNHKにとってどんなメリットがあるのか?

私が言いたいのは受信料を減らしてー、スクランブル化してーということだけです。
ぶっ壊す!なんて言うとチコちゃんに叱られるので、そんなことは言いません。