トレンド

【饗宴の儀】招待国の参列者や出席者を調査!場所・食事のメニューは和食?フランス料理?

2019年10月22日に「即位礼正殿の儀」が取り行われます。

それに伴い「饗宴の儀」が10月22日、10月25日、10月29、10月31日の4日間にわたり開催されます。「饗宴の儀」の参加者の見込みは4日間で約2,000人。参列者や出席者にはどのような方たちがくるのか。そして料理のメニューについて調査しました。

この記事では饗宴の儀の

  • 参列者
  • 会場
  • 料理のメニュー

について調査したことを記載していきます。

*饗宴の儀の読み方「きょうえんのぎ」

饗宴の儀の参列者・招待客

各国要人

参加者
イギリス チャールズ皇太子
ドイツ シュタンマイヤー大統領
アメリカ チャオ運輸長官
中国 王岐山国家副主席
フィリピン ドゥテルテ大統領
サウジアラビア ムハンマド皇太子
スペイン フェリペ6世国王
フランス サルコジ元大統領
オーストリア ベレン大統領
ミャンマー アン・サン・スーチー国家顧問
トーゴ ニャシンベ大統領
ヨルダン フセイン皇太子
モルディブ ソーリフ大統領
スロバキア アッパス議長
ネパール バンダリ大統領
ウクライナ ゼレンスキー大統領
オマーン アスアド国王代理
コートジボワール ワタラ大統領
フィンランド ニーニスト大統領
パレスチナ アッパス議長
セルビア ブナビッチ首相
レソト レツィエ3世国王
ルーマニア ヨハニス大統領
パラオ レメンゲサウ大統領
モンゴル フレルニスル首相
ミクロネシア パニュエロ大統領
コソボ サチ大統領
韓国 イ・ナギョン首相
ニジェール イスフ大統領
ノルウェー ホーコン皇太子
カタール タミーム・ビン・ハマド首長
ブラジル ジャイール・ボルソナーロ
カンボジア ノロドム・シハモニ国王
オランダ ウィレム国王・マクシマ王妃
ルクセンブルク アンリ

10月22日:国賓夫妻、各国首長が予定されます。

10月25日:各国の首長夫妻、大臣、元皇族ら

10月29日:国会議員や都道府県市区町村関係者

10月31日:駐在大使夫妻、各国幹部など

会場

10月22日と25日:豊明殿で着席形式

 

10月29日と31日:春秋の間と豊明殿で立食

料理のメニュー

令和初の饗宴の儀の料理メニューは現在調査中です。宮中晩餐会で振る舞われる料理はフランス料理となりますが、平成の饗宴の儀では和食での提供でした。

今回はどうなるのでしょう。

平成の饗宴の儀料理メニュー

料理のメニューは外国の要人、国内招待客で違いがありました。

外国要人のメニュー

  1. 前菜
  2. 酢の物
  3. 焼き物
  4. 温物
  5. 揚物
  6. 加薬飯
  7. 吸物
  8. 果物
  9. 菓子

国内招待者用

  1. 汁物
  2. 作身
  3. 取肴
  4. 焼物
  5. 温物
  6. 酢の物
  7. 加薬飯飯

担当したホテルや料理人は?

平成2年の天皇陛下御即位記念祝賀会では「ホテル・オークラ」

同平成2年の内閣夫妻主催晩餐会では「ホテル・ニューオータニ」

となっています。

和食・フランス料理でも担当する料理人、ホテルが変わるかもしれません。

10月23日追記

饗宴の儀の料理を担当したのはグランドプリンスホテルの「高橋慶太総料理長」

そして振る舞われた料理は

まとめ

天皇陛下の即位は日本国民の大イベントです。

国賓級の方々が数多く集まっており、世界的な注目も高いようです。

どんな料理がでてくるのか楽しみですね。

調査結果でさらに追記していきますね。