-
2020年ドラマ

【テセウスの船】ドラマ1話「父は本当に殺人犯なのか」の感想・口コミ!みんなの評判をあつめた!

2020年1月からTBS系列で放送される「テセウスの船」が話題となっています。

竹内涼真さんが主役を務め、鈴木亮平さん、上野樹里さん、榮倉奈々さんが脇を固めます。

「失われた家族の笑顔のため、過去を変える」という漫画原作のミステリードラマです!

本作を見た方も、見ていない方も視聴者の感想を集めたので是非参考にしてくださいね。

感想にはネタバレ要素もあるかもしれないのでご注意を!

ちなみに1話視聴率は「%」

 

【テセウスの船】ドラマ1話あらすじ・感想

1話あらすじ

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。

おもしろい

60代男性

31年前の警察官による殺人事件が動き出し、無罪を主張している容疑者は、サスペンスドラマらしいドラマの印象が強く感じられる始まり方で、期待の持てる番組が始まったのだと確信できます。

最近のドラマではスクなkぅなった本格的なサスペンスドラマの時代が再び訪れる予感を感じさせるものになりそうです,平成の時代を超えて、令和になり事件の真相に迫ろうとする息子のこれからがとても楽しみなドラマが始まったので、また一つ楽しみが増えた様です。

30代 女性

面白い!!

心はお父さんが殺人犯だったからこれまで沢山苦労してきてお父さんが無罪を証言していても信じられなくて、だけど愛する妻がお父さんの事を信じてあげてもいいんじゃないのと言葉を残してなくなってしまったことから、お父さんの事を信じてみようと考え方が変わっていくのが良かったです。

愛する人が残した言葉一つで自分のこれからの生き方が変わるなんて凄いなと思うし、お父さんと向き合おうとしているところを見て事件の真相を明かして欲しいなと思いました。

40歳女性

雪山であかねちゃんを崖から引き上げ吹雪の中のシーンは見ているこちらまで寒くなり凍えそうでした。すごく壮大なドラマだなぁと思いました。現実ではありえない過去にタイムスリップすると言う話ではありますが、大人でも十分楽しめるドラマだと思います。

迫力があるドラマなので映画を見ているような感じも味わえました。日曜劇場にふさわしいドラマだと思うので次回も家族で一緒に楽しみたいと思います。次回も楽しみです。

テセウスの船の見逃し配信を無料視聴する方法はコチラ

↓↓

テセウスの船の見逃し配信の方法

https://seikatuhack.com/teseusu-minogasi/

まとめ

【テセウスの船】ドラマ1話の感想あらすじ!みんなの評判・視聴率を調査でした。

感想をあつめましたが、おもしろい!という評価だらけでした!!

放送を見ていない方も少し興味がでてきましたか??

見逃し配信や原作漫画を無料で読む方法についての記事もあるのでぜひ参考にしてくださいね。

https://seikatuhack.com/teseusu-manga/

https://seikatuhack.com/teseusu-minogasi/