トレンド

【首里城全焼火災】再建復元にむけた募金・義援金・寄付方法や窓口のまとめ!

2019.10.31

首里城の火災という沖縄県民はもちろんのこと、日本全国、世界の人々にとってもショッキングなニュースが流れてきました。

那覇市消防局によると、火は午前11時ごろ消し止められ、31日13時半ごろ鎮火。NHKなどのまとめによると「正殿」「北殿」「南殿」が全焼。さらに延焼により7棟が消失。城の「正殿」が激しく燃えていることから、火元は正殿付近と見られています。

首里城の火災は今回が初めてではなく過去4回火災にあっています。

1453年に起きた王位継承を争う内乱で全焼、1945年にはアメリカ軍の攻撃によって全焼。
その後、1992年に沖縄の本土復帰20周年を記念して、国営公園として復元するなど火災のたびに再建を繰り返し、ようやく今年2月には三十数年にわたって行われた内部も含めた復元がようやく完了したばかりでした。

この火事に対し原因はまだ不明ですが、玉城沖縄県知事や那覇市市長、すが官房長官からも再建に向けて取り組むという発言がすでに出てきています。

沖縄の象徴であり、アイデンティティーでもある首里城の再建に向けた動きは10/31から始まります。

首里城再建に向けた募金寄付の場所、方法まとめ

この記事は募金・寄付の方法や情報について日々更新し可能なかぎりまとめていきます。この記事から直接募金や寄付ができるわけではありませんのでご了承ください。

募金寄付については詐欺の懸念もあります。このページで紹介するものは

沖縄県や那覇市などが紹介しているものに限ります。

募金箱の設置場所

市泉崎にある市役所本庁舎1階に募金箱を設置

首里支所にも募金箱

真和志支所にも募金箱

小禄支所にも募金箱

午後5時から翌日午前8時半までの夜間・早朝は市役所裏手の守衛室に、声掛けすれば募金できます。

募金・寄付の口座アクセス方法

那覇市は今後銀行口座も開設し、県内外から幅広く寄付を募る方針となっています。

口座開設について継続して調査し、口座ホームページへのアクセス方法を記載予定です。

ふるさと納税での寄付方法

大規模な災害後などは市がふるさと納税と利用し募金・寄付を募る場合があります。

募金開始後はふるさと納税のサイトで可能な限り簡単に募金・寄付ができる方法を調査し記載していく方向です。

その他募金方法

沖縄県や那覇市だけでなく、政府や銀行などが募金を募った場合にこの部分に情報を記載していきます。

首里城火災のニュース

火災前の首里城

当然ですが悲しみのニュースが多いです。しかし、火災前の首里城を忘れてはいけないと思います。あの綺麗な首里城を取り戻しましょう。

まとめ

首里城火災はとても残念なニュースです。しかし、再建復旧にむけ今からでも取り組めることがあります。

可能な限りの寄付や募金、義援金で1日でも早く沖縄の平和のシンボルを取り戻しましょう。