-
夏マスク

【洗える夏マスク】洗い方や使用洗剤・洗濯の注意点を調査!

新型コロナの感染以降、使い捨てマスクの需要が増え、なかなか手に入らない状況が続きました。

そして今度は夏に向け、「ナツノマスク(夏マスク)」の需要増大が予想されます。

手に入った方もこれから買う方も洗い方の1例を紹介します。

商品によって違う可能性もあるのでご注意くださいね。

【夏マスク】洗い方や使用洗剤・洗濯の注意点を調査!

このページで洗い方を紹介する洗える夏マスクはコチラになります。

商品紹介ページにも洗い方が詳しく記載されていたので、文字に起こしました。

洗えるマスクの洗い方

正直使い捨てでよかったけど、1枚100円以上と考えると捨てにくいですよね。

マスクは汚れると撥水性能が低下してしまうので、長く使うためには使用後は洗濯が必要になります。

洗えるマスクの洗い方の1例を紹介します。

  1. 洗濯機より手洗いがオススメ
  2. 洗剤は柔軟剤・漂白剤・蛍光増白剤が含まれていない物を選ぶ
  3. 30度以下のぬるま湯で洗う
  4. すすぎは2回以上
  5. 乾燥機を使うときはネットに入れて。
  6. 低温アイロン(80-120度で当て布あり)・ドライヤー乾燥も可

他のオススメ商品はあるの?

洗える夏マスクは上記の商品以外にももちろんあります。

その中で注目なのは国産の夏マスク

「丸井織物ひんやり夏用マスク」です。

販売会社の丸井織物株式会社は設立85年の老舗の織物会社です。

  • 代表者:宮本 徹
  • 本部所在地:石川県鹿島郡中能登町久乃木井部15
  • 設立:1956年4月11日

【素材】
マスク本体:ポリエステル
ヒモ部:ガーゼマスクと同じ

【サイズ】
サイズ:横155mm×縦110mm(マスク部分)
フィルター:縦90mm×横93mm

コスパ最高の洗えるマスク

10枚1800円の洗える夏マスクです(2020.5月時点)

1枚あたり180円は洗えるマスクとしてはかなり安いです!!

毎日洗濯出来ない方も、もしかなり汚れても捨てやすいですよね。

夏のマスク着用は実は危険

通常の使い捨てマスクをした生活には慣れてきましたが、それでもずっと付けていると息苦しさを感じますよね。

そしてこれからはどんどん気温が上がり、夏には30度越えの真夏日も増えるでしょう。

そんな中、マスクを付けることで熱中症のリスクが上がるとも言われています。

マスク熱中症の原因・要因

  • マスクを着用すると、放熱を妨げる。
  • のどの乾きを感じにくいので、水分を積極的に飲まない
  • 結果、体温上昇・水分不足にもなりがち

体温が下がりにくく、水分摂取が減ってしまう・・・・たしかに怖いですよね。

こまめな水分補給と休息という基本の熱中症対策を行い、それにプラスして冷感夏マスクで体感を下げるというもの1つの方法かもしれませんね。

【洗える夏マスク】洗い方や使用洗剤・洗濯の注意点を調査!でした。

みなさんの参考になれば幸いです。