トレンド

【サッカー日本代表】迷彩ユニフォームのデザイナーは誰?採用理由を調査!

2019.11.6にサッカー日本代表の新ユニフォームが発表されました。

「日本晴れ」をイメージしたというユニフォームは初の迷彩柄!

なぜ迷彩?誰がデザインしたの?そして誰が決定したの?

など疑問を持った人も多いと思います。日本代表はこのユニフォームを着て東京オリンピック2020を戦うことになることを考えると調べずにはいられません。

新ユニフォームのデザイナーは?

新ユニフォームがコチラ

コンセプトは「日本晴れ」だということですが、晴れ=迷彩??となってしまいます。

デザイナーの個人の名前は現在明らかにはされていませんが、ユニフォームはアディダスジャパンが作成しています。

アディダスは通常商品にも迷彩柄が使用されています。

逆さにすると?

全体のデザイナーは不明ですが、今回の代表ユニフォームにはアンビグラムというデザインが含まれています。

そのデザイナーは画家アンビグラム作家野村一晟さんとのことです。

男子は「侍魂」

女子は「撫子魂」

おもしろいデザインですね!

迷彩柄の起用理由は?

今回の新ユニフォームのコンセプトは「日本晴れ」ということです。

日本晴れとは:一点の雲もなく晴れわたった空。

ということで迷彩は?ではありますが、これまでにも日本代表のユニフォームには濃い青が採用されてきました。

濃い青は日本では「勝ち色」と呼ばれ縁起がいいそうです。

青と白の迷彩なので確かに空を感じることはできますが、曇り空ととらえる人もいますよね。

今回のような斬新なデザインにした理由としては、

「東京五輪の開催国であるため」というとこです。

ネットの評判は「ダサい」が多い?

悪い評価・口コミ

いい評価

ネットでの検索を見ていると、カッコいい派は10%いるかいないか・・・。

まとめ

サッカー日本代表迷彩ユニフォーム・アンビグラムのデザイナーは誰?について記載していきました。

もちろん発表すぐは賛否が分かれるところではありますが、きっと東京オリンピック2020までには慣れるはず!!

これを着て東京オリンピック代表サッカーを応援しよう!!